Loading

wait a moment

店舗はリピーターに来てもらえるようにデザインする必要があります

立地調査は大切で前提条件になります

店舗の位置と立地環境は交通機関や周辺の店舗の業態、競合店などの調査を予め行っておき、店舗の構えや外装看板も業態に合わせて相応しい外観にデザインすることを心掛けます。デザインは何の店舗であるかが分かることが必要で内装や外観イメージも大切な要素であり、その上でくつろげる雰囲気は重要と言われています。

ターゲット層の設定とレイアウト

店舗開業や改装はなぜそれが必要なのか、どういう年齢層を対象としてどういう内容のものをどういう形態で提供するのか、営業時間や休日、金額の設定はどうするのかから進めて行きます。集客率を上げるには見込み客に気づいてもらえることが大切です。

ゾーニングと独自性あるデザイン

人の心理を活用することも大切で人には回遊性として左回りの習性を持つと言われていますので移動や動線にはこれを採り入れるようにします。ある程度の広さを持つ場合は独自性を持たせるためにゾーニングを行うことも有効とされています。例えば一角に個室のコーナーを設けて棲み分けのようなことが可能になるプランニングを行うことでデザインも独自性を持つことになります。

より魅力的に見せるには

店舗は魅力的に見えなければどこに居るのか区別できません。従ってコンセプトに従ってデザインを詰めて行くにはインテリアや家具の配置、空調設備や照明器具、装飾などを一体的にコーディネートして行くことが大切になります。その際には派手さは飽きが来るので控え、商品やサービスの提供がスムーズに行えるように配慮します。

安心感を持たせるためには

密閉された空間よりもオープンなスペースの方が接近し易いと言われ安心できるようです。従ってバックヤードとの区切りも大切ですが、ガラス貼りであることは有効と言われています。

飲食店を開業する場合の店舗デザインは暖色系の色を使い、食欲をそそるようなデザインにするのが向いています。