Loading

wait a moment

賃貸オフィスはどこがいいの?メリットやデメリットは?

賃貸オフィスは大きく分けて2種類ある!

オフィスを借りる場合、賃貸オフィスには2種類あります。一つ目は賃貸マンションなどの物件。もう一つはオフィスビルなどの商業オフィスです。この二つの大きな違いは借りるときの契約金や家賃です。事業者登録ができる賃貸マンションなら、商業オフィスを借りるよりもは家賃や敷金礼金を安くすることができます。商業オフィスの場合は広さによって違いもありますが、敷金や礼金が6ヶ月~10ヶ月で家賃も高額になります。まだ起業したばかりで毎月の家賃を抑えたいなら、賃貸マンションがおすすめです。

予算に合わせて賃貸オフィスを選ぶ

まだ起業したばかりで、毎月の家賃を抑えたいなら賃貸マンションがおすすめです。住む家と変わらないので毎月の出費を抑えることができる上に、住居謙事務所にすれば家賃の半分程度を経費にすることができます。そのため住む家と事務所を別々に借りる必要がありません。すでに売り上げがそれなりにある場合は、商業オフィスを借りても問題ありません。予算をどの程度抑えたいかで決めるのがいいと思います。

マンションの場合は信用の面でデメリットも!

賃貸マンションはメリットばかりではありません。クライアントなどの取引先が事務所に訪れることになった場合、普通の賃貸マンションだと信用されないことがあります。この会社は安定してるのだろうかと不安を抱かせることになります。ある程度会社として信用してもらうには商業オフィスの方が断然有利です。そのため売り上げがある程度確保できるようになったら、商業オフィスへ引越しするのも一つの方法です。

賃貸事務所 港区は、立地条件や広さ、賃料など、あらゆる点が物件ごとに異なるため、事業内容や予算をはじめとした幅広い条件をもとに物件選びができます。