Loading

wait a moment

知っておきたい!狭小住宅にはメリットがある?

狭小住宅は安いことだけがメリットではない

地域によっては狭小住宅がよく流通するようになり、建売住宅も見かけられるようになっています。注文住宅を建てるときに土地が狭いけれど可能かと住宅業者に問い合わせると、なんとか建てられるという話になり、完成したのがいわゆる狭小住宅だったというケースもあるでしょう。狭小住宅が広まっている理由として最もよく知られているのは価格が安いからです。マイホームが欲しいけれどお金があまりないという人も大勢いますが、狭小住宅なら手が届くということも多いのです。しかし、狭小住宅はただ安いことだけがメリットではありません。他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

狭小住宅のメリットとは

狭小住宅には様々なメリットがありますが、建売の場合には特に狭いにも関わらず快適に過ごせるようにデザインされていることです。広く見えるように間取りが作られていて、あまり狭さを感じない構造になっています。また、面積は狭いので家の中での動線が短くて済み、効率的に家事などをこなせるようになっているのもメリットです。

狭小住宅は立地が優れていることが多いのもメリットでしょう。狭くて有効活動できなかった土地は各地にたくさんありますが、住宅の建築技術の向上によって住宅を建てられるようになりました。その影響で、立地が良くても使えずに困っていた土地に狭小住宅が建つようになってきたのです。高級住宅街に安く住めるといったケースもあるため、狭小住宅を住まいの候補にする人も増えています。

狭小住宅の場合、スペースが狭い分だけ固定資産税や光熱費、維持費などは安く抑えることができます。また、スペースは狭くても都市部であれば、交通や買い物などの利便性は高くなります。