Loading

wait a moment

快適な新生活実現の鍵はこれだ!管理会社の仕事の質に注目

賃貸物件を決める際に見落としがちなポイント

たとえば新年度を迎え、進学や就職などで初めて一人暮らしを始める方々にとって、新居となる賃貸物件を選ぶ作業は、ある意味時間との闘いと言えるでしょう。業界の繁忙期とされる年末から冬季の期間、人気の物件は文字通りの争奪戦となります。不動産会社に対して即答を保留して、十分検討する時間を与えてもらえないケースも多く、より迅速かつ的確な見極め作業が求められます。

ここで見過ごせないポイントとして、賃貸物件の管理会社の仕事の「質」があげられます。今後の自身の生活の拠点となる建物の管理が不十分であれば、さまざまな場面で不便を感じるリスクが見過ごせません。

営業担当者が触れない要着目点が語る事実

賃貸物件の管理状況の優劣は、管理会社の知名度で決まるわけではありません。むしろその物件の担当者が、どれだけ仕事熱心であるのかが重要です。たとえば直前に、居住者向けの何らかの告知が掲示されているにもかかわらず、共用部の廊下や階段は汚れが酷く、電球も切れていたとしましょう。こうした状況から、その物件の担当者は「言われたことだけを渋々こなしているだけ」であると推察できます。

せっかく担当物件に足を運んだのであれば、目立つ汚れだけでも軽く清掃しておく、照明器具の点灯点検をついでに実施しておくことで、結果自身の仕事の効率をアップできます。こうした基本的な応用すら実践しない担当者の場合、たとえば玄関のドアの鍵が壊れた、給湯や電気系統あるいは室内設備が故障した場合にも、迅速な対応は期待できません。

斡旋業者の営業担当者は、こうしたデメリットを積極的に口にすることはありませんが、現場は雄弁に事実を語っています。賃貸物件内覧時にはぜひ、共用部の状態に着目してください。

苫小牧の賃貸とは北海道の中央部太平洋を臨む場所に位置している苫小牧市にある他人に貸し出すことを目的とした建物のことです。