Loading

wait a moment

戸建てが欲しいと思ったら!選び方とメリット・デメリットについて

自分に合ったハウスメーカーを選ぼう!

まず自分が欲しいのは、一から建てる新築注文住宅なのか、ローコスト住宅なのか、それとも中古の戸建てなのか、それによって話を聞く会社も異なります。まだ具体的には決まっていなくて、ただ漠然と「戸建てが欲しい!」という場合は、まずは会社にこだわらずに色々なモデルハウスに見学に行ってみることをおすすめします。実際に見てみることで、漠然としていたイメージが固まることもありますし、気になったことは直接質問することもできます。それを何度か繰り返し、自分に合ったハウスメーカーを選びましょう。

戸建てのメリットとデメリットも把握しておきましょう

戸建ての最大のメリットといえば、周りの音を気にすることなく暮らせるということでしょうか。特に小さな子供が居る家庭では、騒音の問題から戸建てを選択する場合が多いです。車やバイクが好きな人であれば、自宅の目の前で洗車したり、自分専用のガレージに駐車できるということもメリットでしょう。

デメリットはどうでしょうか。例えばなかなか希望した立地で土地が見つからず、渋々決めた場所に建てたけれど不便という場合もあります。また、年数が経つと外壁の塗りなおしや屋根の修理で大金が必要になります。分譲マンションの場合は、修繕積立金といった名目で毎月一定金額を支払い、実際の修理の手続き等は管理会社やオーナーがやってくれます。しかし戸建てではその手続き等も自分でしなければならないという面もあります。自分でやる分、色々吟味することはできますが、手間が掛かるというデメリットがあるということも覚えておきましょう。

国立の戸建ては文教地区に多く、子育て世代におすすめです。新築戸建ての相場は20坪ほどで3500万円弱と、価格も手頃です。