Loading

wait a moment

今が買いどき?憧れの別荘購入を本気で考える!

別荘購入のハードルはそんなに高くない

「別荘」という言葉には「お金持ち」「ステータス」「とても手が出ない」といった響きが加わります。確かにかつては別荘を所有するということは豊かさの象徴であり、ステータスシンボルでした。ところが別荘の価格はどんどん下がってきており、数百万程度で購入することもできます。バブル期に建てられたものも売りに出ていて、最高級の材料を使った贅沢な作りの別荘も手が出る価格にまで下がってきています。少々古くなっていても手を加えればまだまだ使える掘り出し物も多く出ていますので、興味のある方は別荘専門の検索サイトで情報を確認してください。

維持管理にどのくらいかかるの?

別荘を維持するためには管理会社に、そのメンテナンスを委託しなくてはなりません。軽井沢など有名な別荘地には管理会社がきちんと管理運営している別荘地が多く点在しており、購入時から管理プランも含めて検討することになります。したがって別荘購入に必要な費用は土地建物代、管理費を込みで考えます。また税金の問題もあります。たんに別荘となると贅沢品なので高額な税金を課されることがありますが、セカンドハウスとして登録すると税率が安くなります。セカンドハウスとして認定してもらうためには、週2日以上の滞在実績が必要です。すると税制上は通常の家と同じように扱われ税負担も軽くなります。毎週末に遊びにいくと考えれば決して難しい条件ではありません。

管理プランも内容によって金額が変わってきます。最も手をかけない管理プランだと月額二、三万円程度という物件も多数あります。別荘は決して手が出ないものではありません。

市街地以外にも別荘地としても有名な北杜市の不動産。南アルプスの絶景を眺められる立地に、家庭菜園を楽しめる広い庭を有した別荘を改装して、移住する人も増えています。